emacs-slackでShift+Enter, Ctrl+Enterをメッセージ内改行にする

emacs-slack内ではEnterでメッセージ送信がされるので、メッセージ内で改行するときにwebのインターフェイスなどと同様にShift+Enter, Ctrl+Enterでメッセージ内改行するようにしたい.

;; use Shift+Enter and Ctrl+Enter as newline
(define-key slack-mode-map '[S-return] 'newline)
(define-key slack-mode-map '[C-return] 'newline)

参考

keyboard macroの最中はhelmを使わない

個人的にC-sでの検索に通常のisearch-forwardではなく, helm-swoopを利用している.

しかしこうすると, keyboard macroを入力している間にhelmが走り、これがどうやら後ほどkeyboard macroを再生するときに問題があるようだ.

keyboard macroを記録中かどうかはdefining-kbd-macroという変数を見ればわかるようだ. また, keyboard macroの実行中はexecuting-kdb-macroを見ればわかる.

defining-kbd-macrotのときはisearch-forwardを利用するようにする.

;; (global-set-key (kbd "C-s") 'helm-swoop)
(defun my-search-forward ()
  "Customized search function to use helm-swoop except for in defining keyboard macro."
  (interactive)
  (if (or defining-kbd-macro executing-kbd-macro)
       (isearch-forward)
     (helm-swoop)))
(global-set-key (kbd "C-s") 'my-search-forward)

同様のkeyboard macroが有効かに応じて挙動を切り替える設定は他の色々なものに利用できるはず.

emacs 26で入ったdisplay-line-numbersを利用する

emacsで左側に行数を表示するlinum-modeは重いことで有名だった。 軽くするためにはいろいろと設定しなくてはいけなかった.

しかし, emacs26でついに行数表示のネイティブ実装であるdiplay-line-numbers-modeが実装された.

(if (version<= "26.0.50" emacs-version)
      (global-display-line-numbers-mode))

個人的にはemacs -nwで起動したときに行数表示の色が見にくかったので以下のようにしている

(if (version<= "26.0.50" emacs-version)
    (progn
      (global-display-line-numbers-mode)
      (defun display-line-numbers-color-on-after-init (frame)
        "Hook function executed after FRAME is generated."
        (unless (display-graphic-p frame)
          (set-face-background
           'line-number
           (plist-get base16-solarized-dark-colors :base01))))
      (add-hook 'after-make-frame-functions
                (lambda (frame)
                  (display-line-numbers-color-on-after-init frame)))
      ))

web-modeでeslintをflycheck経由で使う

flycheck-add-modeで設定する

(flycheck-add-mode 'javascript-eslint 'web-mode)

eslintの設定で, eslint-plugin-htmlが必要なので、その設定を忘れないようにする.

module.exports = {
...
    "plugins": [
        "html",
    ],
...
}

helmを立ち上げたときにhelm-source-ls-gitを強制的に更新させる

helm-ls-gitはgitで管理されているファイルをhelmの候補に加えてくれるとても便利なパッケージ.

これをhelm-miniなどを立ち上げたときにも使うようにしたいのだが、helm-source-ls-githelm-mini-default-sourcesに加えるだけでは不十分だった。自分でhelm-source-ls-gitを更新してあげる必要がある.

(setq
   helm-mini-default-sources
   '(... helm-source-ls-git ...))

(defun my-helm-mini ()
   (interactive)
    (require 'helm-x-files)
    (unless helm-source-buffers-list
      (setq helm-source-buffers-list
            (helm-make-source "Buffers" 'helm-source-buffers)))
     (setq helm-source-ls-git (helm-ls-git-build-ls-git-source)) ; important!
     (helm :sources helm-mini-default-sources
          :buffer "*helm mini*"
          :default ""
          :ff-transformer-show-only-basename nil
          :truncate-lines helm-buffers-truncate-lines))

typescriptでthree.jsのexamplesにあるTrackballControlsなどを使う

imports-loaderexports-loaderというパッケージを利用すると良いらしい。

npm install --save imports-loader exports-loader

TrackballControlsを使うには下のようにする.

const THREE = require('three');
THREE.TrackballControls = require('imports-loader?THREE=three!exports-loader?THREE.TrackballControls!../node_modules\/three\/examples\/js\/controls\/TrackballControls');

el-getで導入したパッケージをまとめて更新する

el-get はパッケージ管理のためのelisp.

一度インストールした後に更新したいときは M-x el-get-update-allを実行するとよい.