emacsの文字サイズの変更をよくあるキーバインドにする

emacsで文字サイズを大きくおよび小さくするキーバインドC-x C-+, C-x C--に割り振ってあるが、最近は(macだと) ⌘-+/-に割り振ってあるものが多い.

以下のように.emacsに書いておくと, macならそのようなキーバインドになる. Linuxだと\Mのかわりに\Cにしたほうが良いかも.

(defun text-scale-increase ()
  "Increase the size of text of CURRENT-BUFFER."
  (interactive)
  (text-scale-adjust +1))

(defun text-scale-decrease ()
  "Decrease the size of text of CURRENT-BUFFER."
  (interactive)
  (text-scale-adjust -1))

(defun text-scale-reset ()
  "Reset the size of text of CURRENT-BUFFER."
  (interactive)
  (text-scale-adjust 0))

(global-set-key "\M-+" 'text-scale-increase)
(global-set-key "\M--" 'text-scale-decrease)
(global-set-key "\M-0" 'text-scale-reset)